東洋新薬 京都大学と提携

産学連携における企業は、新しい製品やサービス・技術開発を行っていく上で必要となり、人材や設備を補うことができるというメリットを持っています。東洋新薬では、東京大学との連携を強化し地方自治体や企業との「架け橋」として貢献している企業です。今回は、そんな東洋新薬が取り組んできた連携協定に基づく研究開発や成果について詳しくご紹介していきましょう。

産学連携を図る東京大学との取り組み

東洋新薬はこれまで北海道と他5県と連結協定を結び、地方自治体と企業とのつながりを強化すべく積極的な商品開発に取り組んできました。東京大学と締結した基本協定は、この架け橋としての機能をさらに発展させるために実現したものです。東京大学は、誰もが知る世界最高レベルの知的専門学とされ、創造的・画期的な研究実績を数多く残してきました。そんな東京大学の革新的な研究能力と最先端の商品開発能力を持つ東洋新薬が融合することによって、今まで成し得なかった技術開発を目指していけるよう協定を締結したのです。

2018年3月19日に開催された東京大学との成果発表について

東洋新薬は、「日本農芸化学会」2018年度大会において、東京大学との共同研究により大麦若葉末の摂取が、腸内細菌叢の改善を促す効果があることを発表しました。演題を「大麦若葉末の摂取がヒト腸内細菌叢に与える影響の解析」とし、東京大学・東洋新薬・TAK-Circulator株式会社それぞれの代表者によって講演が行われました。

大麦若葉末は、イネ科であるオオムギの若葉部を乾燥させ、細かく粉砕加工したもので「機能性食品素材」と呼ばれています。食物繊維を多く含んでいることから、便通改善作用をもたらすことは有名であり、青汁などの原料として使われることも多いです。今回の大会では、東洋新薬と東京大学分子細胞生物研究所の白髭克彦教授氏が腸内細菌叢改善作用を確認した後、名城大学天白キャンパスにて研究成果の内容が発表されました。

東洋新薬は、東京大学との連携体制を強めたことによって研究成果を実用化させることに成功しました。若い世代がビジネスで活躍するために力強い経済を実現化させ、今後も複数の産学と共同研究を進めていくことでしょう。開発に携わる専門的な役割を全うしつつも、素材開発から商品化までの全プロセスを作りあげていくのが東洋新薬独自の研究スタイルです。自社で成し遂げた製品やサービスに愛着と自信を持って世に送り出すことでしょう。

日々新商品開発の研究に取り組んでいる東洋新薬は医薬部外品や健康食品や特定保健用食品、化粧品などの研究開発を手掛けています。そんな東洋新薬は、産業界との連携も積極的に進めています。今回は東洋新薬と連携協定を結んだ大学や、その内容などを紹介していきましょう。

京都大学との連携

東洋新薬は、研究開発と豊富なビジネス実績を活かし、産業界に積極的な連携に取り組んでいます。そんな中で、2017年6月には京都大学との連携締結式を行っています。京都大学は様々な分野において研究成果を出しており、それが新たなビジネスを生み出す可能性をも秘めていると考えたのです。実際に京都大学は、多くのノーベル賞受賞者を輩出しており、世界トップクラスの知的専門学府であると言えます。

東洋新薬は、健康食品や化粧品業界において、豊富なビジネス実績があり、双方が連携することでさらなる可能性を実現する新商品開発と製剤技術の開発を目指せると考えているのです。

東京大学との連携

2016年10月には東京大学との連携協定締結式を行っています。東京大学との連携も、新たな商品開発に向けて大きな発展となるに違いないでしょう。東京大学は世界でもレベルの高い知的専門学府と言えます。数多くの創造的・画期的な研究実績がある東京大学は、東洋新薬の健康食品や化粧品業界において最先端の開発力を有しています。東京大学と連携することで、これまでの実績と技術では開発できなかった次世代に対応した新規商材の創出につながると考えているのです。また、協定の中には優秀な若手研究者を育成支援するインターンシップ制度もあり、今後のさらなる研究者輩出にも力を入れていくに違いありません。

東洋新薬は、東京大学との連携によって、研究成果を実用化することで優秀な若手研究者のビジネスチャンスをも広げていこうとしているのです。東洋新薬の産業界との連携は、変わりゆく市場に細かく対応するための大きな前進となっていると言えるしょう。

東洋新薬の産業界との取り組みについて紹介してきました。東洋新薬はこれまでも1道5県との包括連携協定締結しており、地方自治体と企業をつなぎ、地方の農林水産物をより活用しながら商品開発に取り組めるよう進めているのです。産業界と連携することは、これからの新たなる新素材の研究開発に向けて様々な視野で見ることもでき大きなメリットとなるでしょう。東洋新薬は今後も産業界との連携を強化し、新商品開発だけでなく、若い世代のビジネスチャンスをも広げていくに違いありません。

東洋新薬は創立・設立から長い歴史と長きに渡って培った経験やノウハウを活かしつつ、日々成長している企業です。そんな東洋新薬には、独自の研究開発体制があります。創立してから、より多くのお客様のニーズに対応するべく、高度な技術と専門性の高い設備を構え、新しい素材の開発や研究に留意しているのです。では、そんな東洋新薬の研究開発体制についてご紹介しましょう。

東洋新薬の素材・機能・商品開発

東洋新薬では、著しい変化のある市場において、健康食品や化粧品の差別化を図るべく、常に新しい素材の研究と開発を行っています。市場のニーズというのは常に変わりゆくものですが、東洋新薬は国内外で幅広く素材の探索や大学の研究機関などと協力しながらニーズの変化に合わせた開発を続けています。また、機能性を備えるには安全性の確認が不可欠となります。そのため、これまで東洋新薬が培ってきた研究開発力を活かしながら、素材の機能性や特徴をしっかりと把握し、常に探索をしているのです。

商品開発では、東洋新薬の基盤と原動力になっている部分でもあります。基礎研究をはじめ、研究室内の製造ラボ機を駆使しながら学術的かつより健康に役立つ多方面の分野から研究と開発を続けているのです。ここで初めて商品開発されるということは、これまでにはなかった未知の可能性を示すということでもあります。東洋新薬は、そんな商品開発に最も力を入れているのです。

新商品開発に必要なこと

東洋新薬は、より高度な研究開発力と知識を持つ大学などの研究機関や地域の公的機関などと連携しています。様々な機関と連携することで、東洋新薬だけでは見出せない部分にも着目でき、共同開発にもつながっていると言えるでしょう。また、東洋新薬の研究や交流などを通して手に入れた技術や結果は、学術発表と通して社会へと発信し広げていっています。こうすることで、さらに発見し、これからの新商品開発にも大きな一歩となると考えているのです。

東洋新薬の研究開発体制について紹介してきました。今回紹介したのはほんの一部で、まだまだ東洋新薬の研究開発における強みがあるのも事実です。しかし、何よりも東洋新薬は次世代の新商品開発に力を入れており、より多くのお客様のニーズに応えられる安全な素材を日々研究していると言えるでしょう。多方面の角度から見て判断し、研究するという東洋新薬の特徴は、これまでも変わりゆく市場に対応してきています、全国に拠点を構える東洋新薬ですが、今後のさらなる新商品開発にも注目していきましょう。

東洋新薬は医薬部外品をはじめ、健康食品や特定保健用食品なども多く手掛ける大手の企業です。そんな東洋新薬が2019年春、インテリジェンスパークという新しい工場を起工することが発表されました。インテリジェンスパークとはいったいどのような工場となっていくのでしょうか。今回は、インテリジェンスパークについてご紹介していきます。

インテリジェンスパーク起工式

2月20日、東洋新薬は佐賀県鳥栖市にある新工場インテリジェンスパークにて起工式を行っています。関係者出席のもと、工事の安全を願って行われた式典です。インテリジェンスパークは、東洋新薬はこれまで長年培ってきた経験・ノウハウ、必要な能力をより活かし、確かで高度な知識と技術を集積させて次世代型の生産拠点として構えようとしているのです。2019年春の操業開始を目指し、着工が始められています。

インテリジェンスパークの概要

東洋新薬のインテリジェンスパークは、健康食品や化粧品などの製造や研究開発が事業内容となっています。健康食品や化粧品の受託製造件数の増加に対応するために、生産体制を強化することを目的とし、約22,000平米の広さを持つ延床面積に建築されることがわかっています。東洋新薬は、インテリジェンスパーク操業に向けて、これまでの強みと特徴を活かしつつ、様々なニーズに対応しようとしているのではないでしょうか。

投資額は操業初期で約75億円とされており、最終には約110億円になる見通しです。インテリジェンスパークが完成すれば、東洋新薬のさらなる挑戦が始まるに違いありません。また、業界トップレベルの製造設備と生産技術力で、東洋新薬は今後もさらに進化し続けることでしょう。

東洋新薬の社員数は800人近くとされていますが、インテリジェンスパーク操業に向けて、さらに人員を増やす見込みとなっています。操業が開始されれば、健康食品や化粧品の生産体制も強化されていき、より東洋新薬から様々な商品が誕生していくと考えられます。

東洋新薬の新工場となるインテリジェンスパークについて紹介してきましたが、いかがでしたか。佐賀県鳥栖市の拠点を構えるインテリジェンスパークは、現在すでに着工が開始されています。来年度の春に操業開始となれば、これまで以上に多く方から支持される商品開発につながっていくことでしょう。様々な企業との連携がある東洋新薬ですが、インテリジェンスパークの操業となれば、さらなる発展に期待が高まっていくのではないでしょうか。

7

小野薬品工業株式会社は、大阪市中央区に本社を置く製薬会社で、創業されたのは享保2年ですからおよそ300年経過しています。
日本にたくさんある製薬会社の中でもトップクラスの歴史を有しており、その期間中に積み上げられたノウハウは他の追随を許しません。
従業員数は3000人以上いて、本社のほかに東京支社が、それ以外に支店や営業所が全国各地にあります。
大阪と静岡に工場があり、またアメリカやイギリスなどの国に現地法人を作り、海外でも積極的な活動をしています。
小野薬品工業株式会社は長い歴史もありますが、それだけではなくて商品開発にかける意気込みが違います。
株式会社東洋新薬と比較をした場合、歴史は小野薬品に軍配が上がりますが、エンドユーザーのことを大切にする姿勢はかわりません。

この企業が手掛けている事業の中の根幹は医薬品に関する部分ですが、内服薬や貼付剤、そして注射薬などがあります。
例えば2型糖尿病に関するもの、末梢循環障害、気管支喘息、アルツハイマー型認知症、などあらゆる病気にかかわりのある医薬品を誕生させており、医療関係者や該当する病気の人たちにとっては欠かすことができない医薬品と言えるでしょう。
このように様々な医薬品をすでに開発製造していますが、今現在も新たな医薬品開発に向けて動いています。
新しい薬を生み出すためには専門機関との提携も必要となりますが、小野薬品工業株式会社ではオープンイノベーションによって世界各国の企業と提携を行ってきました。
製薬会社が仕事を行う際にはどうしても医療関係者に向けた情報発信が主になるケースが多いですが、しかしこの企業ではそれだけではなくて、患者やその家族に向けた情報発信にも積極的です。

株式会社東洋新薬と比較するとアプローチの方法は異なりますが、目指す部分は同一で、より良い医薬品や各種商品の開発に一生懸命です。
創薬は簡単なようでとても難しくて一朝一夕で行えるようなものではありません。
それを可能にするのが研究や開発を行う部署ですが、小野薬品工業株式会社が誇るそういった部署は非常にレベルが高いと評判になっています。
そしてCSRにかかわる活動に対しても熱心で特に環境への取り組みが行われていて、小野薬品環境指針も設けられているのが特徴でしょう。
医薬品という形だけで社会貢献をするのではなくて、それ以外の様々な方法を用いて貢献をしているのが小野薬品工業株式会社です。