8

大塚製薬株式会社は、日本全国に数多く存在している製薬会社の中でも比較的有名な企業です。
圧倒的知名度を誇り売上金額も非常に大きなオロナミンCなどの商品を取り揃えており、独自性あふれる商品開発力は優れています。
その点は株式会社東洋新薬と似ていて、両社ともお客さんのニーズをしっかりと理解したうえで開発にあたっており、大きな成長を遂げています。
大塚製薬株式会社は1964年に設立された企業で、資本金は200億円を誇ります。
従業員数は5000名を大きく超えており、支店と出張所を合わせると全部で68あります。
医薬品などの製品を製造している工場は全国に7つあり、その規模の大きさが想像できるでしょう。
主な事業内容は医薬品の製造や開発、研究などで、それ以外にも食料品や化粧品に関するビジネス展開も積極的に行っているのも魅力ではないでしょうか。

このように複数の分野で成果を挙げている点についても、株式会社東洋新薬と類似点があります。大塚製薬株式会社が手掛けている有名な商品といえば、上記したオロナミンCだけではなくて、ポカリスエットやカロリーメイト、ネイチャーメイド、ソイジョイ、オロナイン、オーエスワンなど、誰もが一度は名前を聞いたことがあるであろう多数の商品を生み出していて、それぞれの商品が世の中に必要とされているものばかりです。
ニーズをキャッチすることが非常に上手な企業だといえますし、それを実際に研究開発に生かすことができ、結果的に商品化できている点は本当に素晴らしいことではないでしょうか。
医薬品に関する事業においては中枢神経や循環器など、幅広い領域において取り組んでおり、重点領域として中枢神経、結核、がん、眼科が設定されていて、全く新しい革命的な医薬品の開発に努力しています。

大塚製薬株式会社は大手企業だからこそ可能なとても幅広い事業展開を行っていますし、幅広い人たちに対して大きな貢献をしています。
公式サイトにおいて【ものまねをしない研究開発】を掲げていますが、これは様々な拠点で徹底的な研究を行っている大塚製薬株式会社だからこそ可能なことで、まねをしないということは素晴らしいことでしょう。
日本だけではなくて世界規模で活躍することができる点も特徴ですし、これは株式会社東洋新薬とも同じです。
両社を比較すると規模など異なる点もたくさんあるのですが、商品や研究開発に対するこだわりは共通しています。

6

70年の歴史を誇る京都薬品工業株式会社は、京都市に本社を置く製薬会社です。
一般的に使用される医薬品だけではなく、例えば病院などで用いられる医薬品の製造や研究開発にも携わっています。
またそれだけではなく医薬部外品や健康食品類の製造などを手掛けています。
京都薬品工業株式会社は、これまでに世の中になかった新しい薬の開発、新製剤の開発、そして製造に力を入れており、本社以外の事業所は東京事務所の他はすべて京都府内に位置しています。
ちなみに京都薬品ヘルスケア株式会社という企業は京都薬品工業株式会社の関連会社です。

世の中に必要とされている医薬品の種類は時代によって異なりますが、その違いをしっかりと察知して、研究開発に生かす努力をしています。
低分子DDS創薬や希少疾患薬に関する新しい薬の開発に注力していて、他の企業とは少し目線を変えた体制がとても魅力的ではないでしょうか。
製薬会社といえば株式会社東洋新薬も有名ですが、こちらは医薬品や医薬部外品、健康食品、化粧品などの製造や開発に従事していて、必要とされる医薬品などの誕生に寄与しています。
京都薬品工業株式会社と株式会社東洋新薬は、両社とも東京が本社ではないという点が共通しており、営業所も地元に多数構えているのが特徴です。
京都薬品工業株式会社の長田野工場では造粒機、整粒機、粉砕機、篩過機をはじめとした各種機器類を所有していて、あらゆる面においてトップクラスの作業が行えます。
自社製品の製造のみならず、他社からの製造の受託も行っていますが、多数の依頼があるというのはその企業が信頼されている証でもあります。
この企業は日々進化していると言っても過言ではなく、実際に2017年の6月には京都市伏見区に伏見DDS研究所が開設されましたので、今後はこれまで以上の研究体制が敷けます。

関連会社の京都薬品ヘルスケア株式会社ではインターネット上にて「京キレイネット」というオンラインショップを開設しており、OTC医薬品やサプリメント、美容ドリンク、スキンケア用品などについて販売しています。
安全基準をしっかりと満たした工場で製造しており、安心して使用することができる医薬品やその他のアイテムをお届けしています。
製薬会社の中には自社で製造するものの、販売には携わらないところもありますが、京都薬品工業株式会社は上記したようにネット販売も手掛けているので利用者に近い距離を保っています。

5

科研製薬株式会社は、従業員数が約1400人いて、資本金は230億円以上ある大企業です。
東京都文京区に本社を置いており、北は北海道の札幌から南は九州の福岡まで支店を設置しており、新薬創生センターを京都と静岡に設けています。
設立されたのが1948年ですから約70年経過しており、医薬品の製造や販売を手掛けています。
医薬品関連だけではなくて医療機器や農業薬品といった商品の製造にも力を入れている点も特徴で、他の製薬会社とは一線を画した面も見られます。
医薬品の売り上げが多くを占めているのですが、感覚器用薬や外皮用薬、そして代謝性の医薬品が全体の売り上げの半分以上を占めています。
他にはCMCセンターも設置するなど、科研製薬株式会社の事業の幅はとても広くなっています。

株式会社東洋新薬の場合は、日本だけではなくてヨーロッパオフィスをドイツに設けていて、ワールドワイドな事業展開を行っています。
株式会社東洋新薬と科研製薬株式会社では製造している医薬品の種類やその他のアイテムの種類も異なるため共通点は少ないですが、現在多くの製薬会社が海外に興味を持ち始めています。
科研製薬株式会社は次世代育成支援行動に関する計画を策定しており、現在これに基づいた取り組みを多数行っています。
こういった工夫を実施することによって、この企業で働いている従業員が今までよりも圧倒的に働きやすい環境を得ることができ、その結果働きやすい職場作りに繋がっています。
この期間が2015年4月1日~2025年3月31日と定められているため、この実施期間が終了した際にはその成果に応じて新たに行動計画を見直すことも可能となります。

医薬品を実際に利用する消費者だけではなくて、会社内部の人間に対してもしっかりとした配慮を行っている点は好感が持て、より良い医薬品の研究開発を行いやすい環境が誕生しやすいです。
またこの企業は医薬品だけではなくて、農薬や動物に使用する医薬品の製造にもかかわっていて、農作物がかかってしまう病気の予防ができたり、動物の厄介な病気にもしっかりとアプローチしてくれます。
人間だけのための商品作りではなく、地球上に存在するあらゆる生き物に関する薬を作っているというのは珍しいことだと思います。
株式会社東洋新薬は農薬などの取り扱いはありませんが、健康食品や化粧品といった医薬品以外の製造を手掛けており、幅広いニーズに応えています。

4

クラシエ製薬株式会社は東京都港区に本社がある製薬会社で、一般的に流通している医薬品の他に、漢方薬に関する事業展開を行っている点も魅力です。
日本の製薬会社の多くは漢方薬の取り扱いを大々的に行っていないため、この部分でアドバンテージを発揮しています。
漢方薬を取り扱っているということもあり中国に関連会社を有していて、また韓国にも関連会社があります。
富山県の高岡市と大阪府の高槻市にクラシエ製薬株式会社の工場があり、そして高岡工場に漢方薬を研究する研究所が入っています。
日本を代表する漢方薬に関する製薬会社であり、多種多様な医薬品の製造販売を行っています。
株式会社東洋新薬は漢方薬に関する事業展開は行っていませんが、その分クラシエとは別分野に強みを発揮しています。
特に特定保健用食品や機能性表示食品の製造開発に強く、これまでに多数のトクホなどの認可を受けてきました。

株式会社東洋新薬はODEM構想に熱心で、産学連携にも積極的です。
クラシエホールディングス株式会社の薬品事業を担っているのが、クラシエ製薬株式会社とクラシエ薬品株式会社になります。
これら両社が果たしている役割はとても大きく、クラシエグループを支える存在といっても過言ではないでしょう。
ちなみにクラシエ製薬はカネボウの製薬部門の受け皿的な存在の企業で、2007年に今の名前に変更されました。
日本人にとって西洋医薬品が一般的なのですが、病院でも漢方薬が使用されることが多いのが実際のところでしょう。
西洋医学の研究は世界中で盛んですが東洋医学の研究は盛んだとは言えない状況にあるでしょう。
そんな状態を打破するために研究開発を続けており、漢方薬研究のパイオニア的存在として日本で輝かしい成果を挙げています。

一般的な患者向けのサイトではありませんが、「漢・方・優・美」というサイトをクラシエ製薬株式会社は運営しており、様々な事柄をネットを通じて伝えています。
それだけではなくて勉強会を定期的に開催していて医療関係者のスキルアップにも貢献しています。
同社が製造している漢方製剤の種類は数多くあり、例えば「クラシエ安中散料」、「クラシエ黄連解毒湯」、「クラシエ柴胡加竜骨牡蛎湯」、「クラシエ三黄瀉心湯」などが有名です。
株式会社東洋新薬やクラシエ製薬株式会社は、事業内容の違いこそあれ、より良い医薬品を開発するという使命を果たすために患者のニーズに耳を傾けています。

3

キッセイ薬品工業株式会社は、長野県にある様々な事業を手がけている製薬メーカーです。
製薬メーカーとしては珍しく、株式会社東洋新薬のようにヘルスケア事業も手がけています。
医療や健康に重点を置いた幅広い製品を研究開発しており、東証一部にも上場しています。
キッセイ薬品工業株式会社は、戦後間もない1946年に設立された株式会社橘生化学が源流になっています。
その後消化管内のガス駆除剤ガスコンを発売し、1964年に現在のキッセイ薬品工業株式会社へと改称されています。
以後長野県の松本市へと本社・研究施設・工場を移転し、1980年には製材工場が作られました。

キッセイ薬品工業株式会社の製品は、医療機関向けのものと、一般患者・家族向けのものが製造されています。
医療機関向けの製品は処方箋が中心で、ユリーフやグルベス、サラジェンなどが主力製品です。
他にも様々な薬を医療機関向けに研究開発しており、全国にある病院などで使用されています。
一方の一般患者や家族向けの製品は、症状や病気の種類によって様々なものが製造されています。
例えば糖尿病治療薬のグルファスト、高脂血症治療薬ベザトール、アレルギー性結膜炎の治療薬のリザベン点眼液などは、キッセイ薬品工業株式会社の代表的な医薬品です。
いずれも病院などで処方してもらえるため、処方されたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キッセイ薬品工業株式会社はヘルスケア事業も手がけている点が強みと言えるでしょう。
同様の事業は株式会社東洋新薬も行っていますが、キッセイ薬品工業株式会社は食品だけでなく調理器具も手がけているのが特徴です。
同社のヘルスケア事業の主力となっている各種食品は、健康状態などに合わせて複数のジャンルに分かれています。
例えば、少食の方・噛む力が弱い方向けにはエネルギー補給食品を製造しています。
楽しみながらエネルギー補給できるのが特徴で、食感や味にもこだわっています。
また、タンパク質の量を調節した特別用途食品、塩分やカロリー制限が必要な方向けのカロリー調整食品も販売しています。
介護施設や在宅介護向けの介護・高齢者向け食品も手がけるなど、幅広い製品を取り扱っています。
キッセイ薬品工業株式会社は70年以上の歴史を持ち、その中で様々な製品の研究開発や製造を行っています。
特に現在はヘルスケア事業に力を入れており、今後も同部門が大きな柱となって成長していくと考えられます。

2

アステラス製薬株式会社は大手の製薬会社です。
グローバル展開しており、世界中の医療現場で同社が開発した医薬品が使用されています。医薬品・バイオ関連企業として東証一部にも上場しています。
株式会社東洋新薬と同様、研究開発型の製薬会社になっており、日夜様々な新薬の研究や開発を行っています。
アステラス製薬株式会社は1923年に大阪で設立された「山之内薬品商会」が母体です。
その後山之内製薬株式会社へと社名変更し、1942年には本社を大阪から東京へと移転しています。
1970年に抗生物質のジョサマイシンを、82年には高血圧症治療剤のペルジピンを発売するなど、設立以後多くの新薬を開発してきました。
現在のアステラス製薬株式会社は2004年に誕生した会社です。
旧藤沢薬品も注射用抗生物質のセファメジンを1971年に発売するなど、世界的にも非常に有名な製薬会社の一つでした。
アステラス製薬株式会社は、旧山之内製薬株式会社と旧藤沢薬品が合併して誕生した新しい製薬会社で、現在は旧2社が発売していた医薬品などの製造・販売を手がけています。

アステラス製薬株式会社が誕生して以降は、主にアメリカでの新薬開発や研究、販売などに力を入れています。
株式会社東洋新薬とは異なり、新薬の研究が主な事業で、特に抗生物質や高血圧治療剤に強みを持っています。
特にアステラス製薬株式会社が販売している医薬品は非常に種類が多く、特にアメリカで認可・使用されているものは少なくありません。
例えば2005年には注射用抗真菌剤のマイカミンを、翌年の4月には低ナトリウム血症治療剤のパプリゾールをそれぞれアメリカで発売しています。
また、2007年6月には免疫抑制剤アドバグラフをヨーロッパで発売するなど、海外展開に力を入れています。
一方、アステラス製薬株式会社は日本でも様々な医薬品・治療薬を発売しています。

旧山之内製薬株式会社が開発した「ガスター」などをはじめ、幅広い病気・症状向けの製品の研究開発を行っています。
例えば、2009年には骨粗鬆症治療剤ボノテオ(同4月)と高血圧症治療剤ミコンビ(同6月)を相次いで発売し、翌年1月には成人気管支喘息治療薬のシムビコートを発売しています。
このように、アステラス製薬株式会社は日本・海外ともに様々な医薬品の製造や発売を行っています。
近年は糖尿病や前立腺がんの治療剤を発売しており、今後もますます目が離せない製薬企業と言えるでしょう。