東洋新薬の研究開発体制

東洋新薬は創立・設立から長い歴史と長きに渡って培った経験やノウハウを活かしつつ、日々成長している企業です。そんな東洋新薬には、独自の研究開発体制があります。創立してから、より多くのお客様のニーズに対応するべく、高度な技術と専門性の高い設備を構え、新しい素材の開発や研究に留意しているのです。では、そんな東洋新薬の研究開発体制についてご紹介しましょう。

東洋新薬の素材・機能・商品開発

東洋新薬では、著しい変化のある市場において、健康食品や化粧品の差別化を図るべく、常に新しい素材の研究と開発を行っています。市場のニーズというのは常に変わりゆくものですが、東洋新薬は国内外で幅広く素材の探索や大学の研究機関などと協力しながらニーズの変化に合わせた開発を続けています。また、機能性を備えるには安全性の確認が不可欠となります。そのため、これまで東洋新薬が培ってきた研究開発力を活かしながら、素材の機能性や特徴をしっかりと把握し、常に探索をしているのです。

商品開発では、東洋新薬の基盤と原動力になっている部分でもあります。基礎研究をはじめ、研究室内の製造ラボ機を駆使しながら学術的かつより健康に役立つ多方面の分野から研究と開発を続けているのです。ここで初めて商品開発されるということは、これまでにはなかった未知の可能性を示すということでもあります。東洋新薬は、そんな商品開発に最も力を入れているのです。

新商品開発に必要なこと

東洋新薬は、より高度な研究開発力と知識を持つ大学などの研究機関や地域の公的機関などと連携しています。様々な機関と連携することで、東洋新薬だけでは見出せない部分にも着目でき、共同開発にもつながっていると言えるでしょう。また、東洋新薬の研究や交流などを通して手に入れた技術や結果は、学術発表と通して社会へと発信し広げていっています。こうすることで、さらに発見し、これからの新商品開発にも大きな一歩となると考えているのです。

東洋新薬の研究開発体制について紹介してきました。今回紹介したのはほんの一部で、まだまだ東洋新薬の研究開発における強みがあるのも事実です。しかし、何よりも東洋新薬は次世代の新商品開発に力を入れており、より多くのお客様のニーズに応えられる安全な素材を日々研究していると言えるでしょう。多方面の角度から見て判断し、研究するという東洋新薬の特徴は、これまでも変わりゆく市場に対応してきています、全国に拠点を構える東洋新薬ですが、今後のさらなる新商品開発にも注目していきましょう。