大塚製薬株式会社ってどんな会社?

8

大塚製薬株式会社は、日本全国に数多く存在している製薬会社の中でも比較的有名な企業です。
圧倒的知名度を誇り売上金額も非常に大きなオロナミンCなどの商品を取り揃えており、独自性あふれる商品開発力は優れています。
その点は株式会社東洋新薬と似ていて、両社ともお客さんのニーズをしっかりと理解したうえで開発にあたっており、大きな成長を遂げています。
大塚製薬株式会社は1964年に設立された企業で、資本金は200億円を誇ります。
従業員数は5000名を大きく超えており、支店と出張所を合わせると全部で68あります。
医薬品などの製品を製造している工場は全国に7つあり、その規模の大きさが想像できるでしょう。
主な事業内容は医薬品の製造や開発、研究などで、それ以外にも食料品や化粧品に関するビジネス展開も積極的に行っているのも魅力ではないでしょうか。

このように複数の分野で成果を挙げている点についても、株式会社東洋新薬と類似点があります。大塚製薬株式会社が手掛けている有名な商品といえば、上記したオロナミンCだけではなくて、ポカリスエットやカロリーメイト、ネイチャーメイド、ソイジョイ、オロナイン、オーエスワンなど、誰もが一度は名前を聞いたことがあるであろう多数の商品を生み出していて、それぞれの商品が世の中に必要とされているものばかりです。
ニーズをキャッチすることが非常に上手な企業だといえますし、それを実際に研究開発に生かすことができ、結果的に商品化できている点は本当に素晴らしいことではないでしょうか。
医薬品に関する事業においては中枢神経や循環器など、幅広い領域において取り組んでおり、重点領域として中枢神経、結核、がん、眼科が設定されていて、全く新しい革命的な医薬品の開発に努力しています。

大塚製薬株式会社は大手企業だからこそ可能なとても幅広い事業展開を行っていますし、幅広い人たちに対して大きな貢献をしています。
公式サイトにおいて【ものまねをしない研究開発】を掲げていますが、これは様々な拠点で徹底的な研究を行っている大塚製薬株式会社だからこそ可能なことで、まねをしないということは素晴らしいことでしょう。
日本だけではなくて世界規模で活躍することができる点も特徴ですし、これは株式会社東洋新薬とも同じです。
両社を比較すると規模など異なる点もたくさんあるのですが、商品や研究開発に対するこだわりは共通しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする