科研製薬株式会社ってどんな会社?

5

科研製薬株式会社は、従業員数が約1400人いて、資本金は230億円以上ある大企業です。
東京都文京区に本社を置いており、北は北海道の札幌から南は九州の福岡まで支店を設置しており、新薬創生センターを京都と静岡に設けています。
設立されたのが1948年ですから約70年経過しており、医薬品の製造や販売を手掛けています。
医薬品関連だけではなくて医療機器や農業薬品といった商品の製造にも力を入れている点も特徴で、他の製薬会社とは一線を画した面も見られます。
医薬品の売り上げが多くを占めているのですが、感覚器用薬や外皮用薬、そして代謝性の医薬品が全体の売り上げの半分以上を占めています。
他にはCMCセンターも設置するなど、科研製薬株式会社の事業の幅はとても広くなっています。

株式会社東洋新薬の場合は、日本だけではなくてヨーロッパオフィスをドイツに設けていて、ワールドワイドな事業展開を行っています。
株式会社東洋新薬と科研製薬株式会社では製造している医薬品の種類やその他のアイテムの種類も異なるため共通点は少ないですが、現在多くの製薬会社が海外に興味を持ち始めています。
科研製薬株式会社は次世代育成支援行動に関する計画を策定しており、現在これに基づいた取り組みを多数行っています。
こういった工夫を実施することによって、この企業で働いている従業員が今までよりも圧倒的に働きやすい環境を得ることができ、その結果働きやすい職場作りに繋がっています。
この期間が2015年4月1日~2025年3月31日と定められているため、この実施期間が終了した際にはその成果に応じて新たに行動計画を見直すことも可能となります。

医薬品を実際に利用する消費者だけではなくて、会社内部の人間に対してもしっかりとした配慮を行っている点は好感が持て、より良い医薬品の研究開発を行いやすい環境が誕生しやすいです。
またこの企業は医薬品だけではなくて、農薬や動物に使用する医薬品の製造にもかかわっていて、農作物がかかってしまう病気の予防ができたり、動物の厄介な病気にもしっかりとアプローチしてくれます。
人間だけのための商品作りではなく、地球上に存在するあらゆる生き物に関する薬を作っているというのは珍しいことだと思います。
株式会社東洋新薬は農薬などの取り扱いはありませんが、健康食品や化粧品といった医薬品以外の製造を手掛けており、幅広いニーズに応えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする