キッセイ薬品工業株式会社ってどんな会社?

3

キッセイ薬品工業株式会社は、長野県にある様々な事業を手がけている製薬メーカーです。
製薬メーカーとしては珍しく、株式会社東洋新薬のようにヘルスケア事業も手がけています。
医療や健康に重点を置いた幅広い製品を研究開発しており、東証一部にも上場しています。
キッセイ薬品工業株式会社は、戦後間もない1946年に設立された株式会社橘生化学が源流になっています。
その後消化管内のガス駆除剤ガスコンを発売し、1964年に現在のキッセイ薬品工業株式会社へと改称されています。
以後長野県の松本市へと本社・研究施設・工場を移転し、1980年には製材工場が作られました。

キッセイ薬品工業株式会社の製品は、医療機関向けのものと、一般患者・家族向けのものが製造されています。
医療機関向けの製品は処方箋が中心で、ユリーフやグルベス、サラジェンなどが主力製品です。
他にも様々な薬を医療機関向けに研究開発しており、全国にある病院などで使用されています。
一方の一般患者や家族向けの製品は、症状や病気の種類によって様々なものが製造されています。
例えば糖尿病治療薬のグルファスト、高脂血症治療薬ベザトール、アレルギー性結膜炎の治療薬のリザベン点眼液などは、キッセイ薬品工業株式会社の代表的な医薬品です。
いずれも病院などで処方してもらえるため、処方されたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キッセイ薬品工業株式会社はヘルスケア事業も手がけている点が強みと言えるでしょう。
同様の事業は株式会社東洋新薬も行っていますが、キッセイ薬品工業株式会社は食品だけでなく調理器具も手がけているのが特徴です。
同社のヘルスケア事業の主力となっている各種食品は、健康状態などに合わせて複数のジャンルに分かれています。
例えば、少食の方・噛む力が弱い方向けにはエネルギー補給食品を製造しています。
楽しみながらエネルギー補給できるのが特徴で、食感や味にもこだわっています。
また、タンパク質の量を調節した特別用途食品、塩分やカロリー制限が必要な方向けのカロリー調整食品も販売しています。
介護施設や在宅介護向けの介護・高齢者向け食品も手がけるなど、幅広い製品を取り扱っています。
キッセイ薬品工業株式会社は70年以上の歴史を持ち、その中で様々な製品の研究開発や製造を行っています。
特に現在はヘルスケア事業に力を入れており、今後も同部門が大きな柱となって成長していくと考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする